ホワイトニングによるバイオフィルム形成抑制効果 | お知らせ | 広島市 中区の歯科|審美歯科 ブランネージュ

  • 082-503-3777
  • OPEN:AM 9:00~PM 7:00
    CLOSE:木曜・日曜・祝日

ホワイトニングによるバイオフィルム形成抑制効果

ホワイトニングによるバイオフィルム形成抑制効果

投稿日:2019年08月26日

歯を白くする"ホワイトニング"によりウ窩に詰めた修復材料の表面が荒れることが以前から指摘されていました. この変化により歯垢がつきやすくなるのではないか という懸念がありましたが, 最新の研究で逆にバイオフィルムが形成されにくいという論文が発表されましたので紹介しておきます(Dental Research J. 2019, vol. 16.) . 元々ホワイトニング剤に抗菌効果があるのは分かっていました. さらに このデータが実験室で行われたものであること, 永遠にホワイトニングを続けるわけではないことから, 一時的な効果と捉えて本来の機械的清掃に取って代わる処置とは言えないと考えた方が良さそうです.

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧